2015年3月1日日曜日

Filming Style

昨日テストとある撮影にて↓をテストしてきました。


これはなんぞやと。
思う方も居るかもしれません。

こいつはメーカーによってGLIDE CAMやらFLYCAMやら
色々な名前がついていますが
恐らくStabilizerって言うものです。

これを使うと何が変わるのか。
この映像を診てもらうと分かるでしょう。


Glidecam Reel by Dustin Farrell from Dustin Farrell on Vimeo.

映像がヌルヌルしているでしょう?
そーなんです。こー言うなめらかな手ブレのない映像が撮れるようになる
手持ちだと腕が非常に疲れる物です。

ずいぶん前に作って余り出番がなかったんですが
先日MVビデオの撮影の時にかなり活躍しました。



カメラが動いている部分は全て上のStabilizerを使用しております。

じゃー何で今さらテストすることがあるのかといいますと。
上の2つ映像は持ち手に対しててカメラが上に有ります。
どのStabilizerも大体そーやって使います。

しかし自転車の追い撮りの場合だとアングルが高過ぎるのです。


Photo : 510 Rider : Hirashin
やはりチャリはローアングルがカッコイイです。

なので逆さ向きに使えるように手を加え
そして今まで分解出来なくて持ち運びが面倒なので
使用頻度がほぼ0%に近かったので
カメラ部・ハンドル部・ウェイト部の3つに簡単に分けられるようにしました。

詳細動画はそのうち作ります。
居るかどうかわからない
同じタイプのStabilizerをつくろうとしている方の為に。

2015年2月25日水曜日

Unboxing New Lense Samyang 8mm F3.5 FishEye CS2

タイトルの通りです。



Unboxing New Lense & Test Footage from RelaxonFilms on Vimeo.

感想としてはSonyのSEL16F28と比べるとF3.5と暗く
AFが効かないけどSonyのレンズより画はいい気がします。
追い撮りはどちらかと言うとパンフォーカス寄りで撮る物なのかも。

Sonyレンズの時は基本的にはF2.8でISO感度を抑えていたのですが
今回のSAMYANG 8mmF3.5の場合レンズ側で明るく出来ないので
仕方なしにISO感度を800迄上げて撮影。

何故かSonyレンズでは同じISO感度でノイズが目立つのに
このレンズでは余り気になりませんでした。
LED2機ならISO感度400まで下げても行ける気がします。

そして余談ですが先日書いたNEX-7のAF/MF問題も解決し
ちょっと今後のレンズの選択が???になってしまいました。
これがレンズ沼ってやつの入り口か。
それとももう踏み入れてしまっているのか。。

でわ。

2015年2月23日月曜日

【MV】Learning / 琉樹

本日公開されました。



【ブログ】 ShiokazeStyle
【DL】 Learning / 琉樹

全く畑の違う撮影にたくさん迷惑をかけてしまいましたが
協力して頂いた皆様有難うございました!


2015年2月22日日曜日

Hi-8

僕の大好きなライダー Erik Bahlman より
SonyのTRV-608で撮影された映像が上がりました。



感じたことは沢山ありすぎて
やっぱ良い映像って言うのは機材じゃないんだな
って思いました。

いくらきれいな映像でも中身がいまいちだと
映像の綺麗さしか入ってこないけど
現代の映像に比べると画質的に劣る映像でも
中身がすごいと映像の粗さとか気にならないですね。

僕は乗る立場でも撮る立場でもあるので
もっと勉強してライダーと一緒に
良い映像なり良い写真なりを
残していけたらいいなと。

ここ最近時間が作れなくて乗れていないので
そろそろ乗りたい撮りたい。

2015年2月20日金曜日

マウントブラケット

売ってないものは作る。
久々に旋盤で精度の必要な加工しました。



マウントアダプターとの寸法差ははめた感じで5/100mmくらいかと。
M4のイモネジで止めてます。

NEXシリーズに総じて言えるんですが
ボディーが薄すぎてクイックリリースプレートが
とてもとてもグラグラするんです。
そして重たいレンズをつけるとボディーがお辞儀してしまいます。



どうでしょう。真っ直ぐでしょう。



メカメカしさ倍増です。
望遠(白くて長い(イメージ))レンズには大抵ついてます。
恐らくあのレベルになるとマウント部が持たないのと
重量バランスが悪くなるんでしょう。

僕の環境の場合はレンズが思いと言うよりは
ボディーが軽すぎるのが原因だと思います。



レンズの位置が少し後ろに下がったのと
ボディーが50mm程下がった影響で
手前側のパイプが映りこみ
マイクの取り付け部がボディーに干渉すると言う状態。
日曜日撮影なのでそれまでに何とかします。

2015年2月17日火曜日

NEX-7 後継機

カメラ(本体)の話です。
たぶん長くなります。

今現在動画の撮影は
Sonyのミラーレス一眼レフカメラ
NEX-7を使用しております。

まず何故この選択をしたかというと

・単焦点を使って盛大に背景がぼける映像を撮りたい
・フィッシュアイレンズ(正確には単焦点+コンバーター)が比較的安価
・持ち運びしやすいようなるべく小さくて軽いもの
・1080-60p対応
・外部マイク使用可
・本体価格が落ちてきている

ここまで条件をそろえると
NEX-7しかなかったのです。

最終的な決め手となったのは外部マイクですね。
オーディオのアウトプット(イヤホン)が無いのが少々残念ではありますが。
中々無いんです。ミラーレスで外部マイク使えるモデルが。

NEX-7以外だとPanasonicのGHシリーズしか選択肢がないんですが
いかんせんお値段がかっこいいのです。
レンズもAF効くレンズだとそこそこ値段が張ります。

本体に関して現状致命的な欠点はないのですが
フィッシュをもっと焦点距離の短い物にしたいとか
マイクの入力レベルを調整したい(NEX-7はオートのみ)とか
細かい事はいくつかあります。

そんな中ネット上でこんな記事を見つけました。
http://digicame-info.com/2014/12/70009.html

後継機(α7000)がそのうち出るっぽいです。

動画機として使っている僕が望む機能は

・モバイル端末でのワイヤレス操作及びモニタリング
・オーディオ出力
・音声入力レベルの調整
・横に開くバリアングルモニター
・上の記事には本体が薄くなると書いてありますが
3脚穴付近だけでも少し大きくしてほしい。

このくらいでしょうか。
上の記事のコメント欄とは求める物が全く違うので
おそらく僕は邪道な使い方をしているんだと思います。

出ても買うかどうかというのは全然わかりません。
VG-30もまだ気になってますし。

NEX-7にはまだまだ頑張ってもらいますが
新しいのが出ると気になってしまいますよね。

2015年2月15日日曜日

OYAMA SKATE PARK Tsukky & Yashi


















昨晩いつものようにツッキーと乗ってきました。


OYAMA SKATE PARK Tsukky & Yashi from RelaxonFilms on Vimeo.

久しぶりに自転車に乗っている映像を上げた気がします。